in カードローン

定期預金を担保にお金を借りる「定期預金担保貸付」とは

定期預金を担保にお金を借りる「定期預金担保貸付」というものの存在を知っていますか。
少しだけお金が足りない。でも定期預金は解約したくない。
そういうときに短期間だけならこちらでお金を借りるのも案のひとつです。

定期預金担保貸付というのは要するに自分の定期預金を担保にお金を借りることです。
手続きは書類を記入し、手形を発行することで比較的簡単に終わらせることができます。

しかし、「お金を借りる」ということに変わりはないので年数パーセントの利息が前取で取られます。
金融機関によって設定されている金利は変わってくると思いますが、預けている定期の利率+数パーセントと考えてよいでしょう。他に印紙代もかかります。(借りる金額によって印紙代も増加)
なので本当に短期間、どうしても足りないというときに少しだけ借りることをおすすめします。

貸付とは金融機関が利益を作るために作られた商品なので、顧客にとってメリットになることは少ないと感じます。
あまりにも長期間、高額の貸し付けをするのなら定期預金を解約することをおすすめします。
定期預金を解約する際には理由を聞かれ、緊急で必要なお金ができた等の理由だと特に貯金担保貸付は勧められると思いますが、金融機関職員のノルマもあるので、自分が損をしないようによく考えてから利用する商品を見極めましょう。
さらに貸付を行った記録は残るので、あまりにも頻繁に高額の貸付を行うことは良い印象とは言えません。必要最低限に利用するようにしましょう。